乾燥肌対策

空気が乾きドライな環境になり始める毎年秋ごろは、最も肌トラブルを招きやすいときで、乾燥予防のために化粧水は手放せません。
とはいえ正しい使い方をしないと、肌トラブルの一因になると考えられています。

体内で保水を司る成分の1つにヒアルロン酸があります。
体内のヒアルロン酸量は、40代頃から下がると言われています。
ヒアルロン酸の量が下降すると、肌の潤いが減り、肌荒れや肌の乾燥の要素になる可能性があります。

美しい肌をつくるには、肌の乾燥を避け、
肌の潤いをキープすることが何より重要になります。

美肌のベースにあるのは何といっても保湿です。
水分や潤いなどが満ち足りている肌は、なめらかさがあり透明感があり、
女性大敵のシワやたるみ等が簡単にはできないようになっています。
いつだって保湿に意識を向けていたいものです。

保湿成分のセラミドは肌の保湿を守るとして良く知られています。
セラミドの保水力は、肌にできた小じわや肌荒れを修復してくれたりもします。
かつてセラミドは、原材料が高額であったことから、
天然のセラミドが配合された化粧品も高価であるという時代もありました。

しかし、最近では、人間の肌と同じ組成のヒト型セラミドが開発され、
以前に比べずっと安価にセラミド配合化粧品が購入できるようになりました。

また、プロテオグリカンも保湿効果が高い美容成分ですが、
こちらも以前は大変高価な成分でした。
技術の発達により、配合されている化粧品も手に届きやすくなりましたので、
ヒアルロン酸、セラミド、プロテオグリカンといった保湿効果の高い成分が配合された化粧品を使って、
肌の保湿を心がけることが美しい肌をつくる方法の1つと言えるでしょう。