美しい肌は睡眠から

まずは美容と睡眠の関係から書いてみたいと思います。

英エジンバラで開催された国際皮膚科調査学会で発表された調査結果によると、
寝不足気味の人は顔や首、胸に小じわやしみが多く、肌の弾力と水分量が少ない反面、
良質な睡眠をとっている人は肌のダメージからの回復が早いことが判明しています。

人間は眠っている時に、昼間の疲れや起きている間に受けたダメージなどから、
回復する機能を保持しています。
人間の眠りには、レム睡眠とノンレム睡眠がありますが、
深い眠りに入っているノンレム睡眠の間に、成長ホルモンが放出されます。
この成長ホルモンが肌の再生機能を高め、回復の役目も担っているのです。

ゴールデンタイムといわれる時間帯があります。
22時~深夜2時に、この成長ホルモンの分泌が最もさかんにおこなわれます。
肌細胞の修復に重要な役目を果す成長ホルモンをはじめとして、
この時間帯には多くのホルモンが分泌され、
美しい肌のためには欠かすことができないコラーゲンやケラチンが生成されるのです。