老けて見える原因はコラーゲンの減少

若見えの鍵は弾力とハリ

「実年齢より若く見られたい」
年齢を重ねるにつれてそう思うのは、自然なことではないでしょうか。

服装や立ち振る舞いで若く見せることはできますが、
人が見た目年齢を決める要素は、やはり「肌」です。

肌が若く見えるために欠かすことができないのは、「弾力」と「ハリ」です。
この弾力とハリを保っているのがコラーゲンなのです。

コラーゲンは、加齢やストレスにより毎日減少していきます。
体内のコラーゲン量は20代に比べ40代では2分の1にまで減少します。
そして、60代では3分の1にまで減ることになります。

さらに近年、日本の平均気温は100年前よりおよそ1.1℃上昇しています。
気温の上昇に伴い、年間平均湿度は50年でなんと10%も10%も減少していることがわかっています。

現代人は、1年中、超乾燥の危険にさらされています。

肌が深刻なうるおい不足にならないようスキンケアを徹底し、
ハリのある若々しさを手に入れましょう。