保湿に大切なセラミド~美容液やクリームで保湿

美しい肌は保湿から。
美肌をつくる上では、保湿が最重要点の1つです。

では、その肌の潤いを得るためにはどのようにすればいいのでしょうか。

人間に表皮に存在する物質で保湿を司る細胞間脂質の大部分を占めるのがセラミドです。
セラミドは、保湿に重要な役割を果しています。

セラミドは、ターンオーバーのプロセスの中で作られますので、
ターンオーバーが乱れてしまうと、十分なセラミドが生成されません。

ターンオーバーを正常化させ、肌内のセラミドを生み出すとともに、
肌が乾燥しがちになる場合は、美容液やクリームなどセラミドが配合されたセラミド化粧品で外部から補給することも大切となります。

多くのセラミド配合化粧品が販売されています。
中でも、メディプラスゲルやセラミディアル、アスタリフトといったコスメは大変人気です。

自分に合ったセラミド美容液で、セラミドを補給し、潤いのある美しい肌を手に入れましょう。

乾燥肌のスキンケア

最近、自分の肌を乾燥肌だと思っている方が増えているようです。
以前は秋冬に多かった乾燥肌ですが、近頃では一年を通して乾燥肌に悩む方が増えています。
日々の生活の中では、空調が多く使われ、肌は乾燥傾向になります。
そんな暮らしの中では、私たちにとって肌の乾燥対策は大変重要です。

乾燥肌とは、角質の細胞間脂質の減少や皮脂分泌量の低下などによって、角質の水分含有量が低下している状態です。
皮脂は肌の一次バリアとして外部からの刺激などから肌を守ってくれています。
また、セラミドなどの細胞間脂質は二次バリアとして肌の保護にあたっています。

それらが減少してしまうと、肌は無防備な状態にさらされ、
敏感肌といわれる肌トラブルを引き起こしやすい肌になってしまいます。

皮膚の保湿は、皮脂、天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質が担っています。
適度な皮脂、NMFといわれる天然保湿因子、そしてセラミドなどの細胞間脂質によって肌の潤いが保たれているのです。

それらの減少を抑えるということについては別の項目に譲るとして、
日常のお手入れについて考えてみましょう。

注意点は次の3つです。
1.乾燥肌の場合は、硫黄入りの洗顔料や入浴剤を使用しないようにしましょう。
脂性肌の人は、皮膚科ですすめられて使用することがありますが、これは肌を乾燥させるためです。

2.洗顔はぬるま湯が基本です。
40度以上のお湯で洗わないようにしましょう。

3.顔の水分をふき取るタオルの使い方は上から押さえるようにして、肌をこすらないようにします。

保湿化粧品のスキンケア同時に上記のように生活の中で気をつけることがあります。
この併用が大切です。

乾燥肌対策

空気が乾きドライな環境になり始める毎年秋ごろは、最も肌トラブルを招きやすいときで、乾燥予防のために化粧水は手放せません。
とはいえ正しい使い方をしないと、肌トラブルの一因になると考えられています。

体内で保水を司る成分の1つにヒアルロン酸があります。
体内のヒアルロン酸量は、40代頃から下がると言われています。
ヒアルロン酸の量が下降すると、肌の潤いが減り、肌荒れや肌の乾燥の要素になる可能性があります。

美しい肌をつくるには、肌の乾燥を避け、
肌の潤いをキープすることが何より重要になります。

美肌のベースにあるのは何といっても保湿です。
水分や潤いなどが満ち足りている肌は、なめらかさがあり透明感があり、
女性大敵のシワやたるみ等が簡単にはできないようになっています。
いつだって保湿に意識を向けていたいものです。

保湿成分のセラミドは肌の保湿を守るとして良く知られています。
セラミドの保水力は、肌にできた小じわや肌荒れを修復してくれたりもします。
かつてセラミドは、原材料が高額であったことから、
天然のセラミドが配合された化粧品も高価であるという時代もありました。

しかし、最近では、人間の肌と同じ組成のヒト型セラミドが開発され、
以前に比べずっと安価にセラミド配合化粧品が購入できるようになりました。

また、プロテオグリカンも保湿効果が高い美容成分ですが、
こちらも以前は大変高価な成分でした。
技術の発達により、配合されている化粧品も手に届きやすくなりましたので、
ヒアルロン酸、セラミド、プロテオグリカンといった保湿効果の高い成分が配合された化粧品を使って、
肌の保湿を心がけることが美しい肌をつくる方法の1つと言えるでしょう。